Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから

Webアプリケーションセキュリティ対策

2013年3月7日
クロスサイト・リクエストフォージェリ(CSRF)対策(PHP編)

入力→確認→登録→結果 という画面遷移を行う Webアプリケーションを作成し、PHP におけるCSRF 対策の具体例を紹介します。画面遷移は下図のようになります。なお、トークンをセットする画面が登録確認画面だけなのは、CSRF 対策は重要な処理を行う画面に組み込むものだからです。但し、入力画面にもトークンをセットするのは間違いではありません。以前はトークンにセッション ID...
>>続きを読む

2013年3月6日
クロスサイト・リクエストフォージェリ(CSRF)対策(Java編)

入力→確認→登録→結果 という画面遷移を行う Webアプリケーションを作成し、Java におけるCSRF 対策の具体例を紹介します。画面遷移は下図のようになります。トークンを設定しているのが登録確認画面だけですが、これは CSRF 対策では重要な処理を行う際にトークンの検証を行うためです。なお、入力画面でトークンを使用しても間違いではありません。以前はトークンにセッション ...
>>続きを読む

2013年3月5日
CSRF の安全なトークンの作成方法(ASP.NET,C#,VB.NET編)

以下の記事の内容に従って、ASP.NET(C#, VB.NET) で CSRF の安全なトークンを作成する方法をご紹介します。CSRF の安全なトークンの作成方法.NET の 暗号論的擬似乱数生成器 で乱数を作成できるクラスは、System. Security. Cryptography. RNGCryptoServiceProvider クラスになります。また、安全なト...
>>続きを読む

2013年3月5日
CSRF の安全なトークンの作成方法(PHP編)

以下の記事の内容に従って、PHP で CSRF の安全なトークンを作成する方法をご紹介します。CSRF の安全なトークンの作成方法PHP の 暗号論的擬似乱数生成器 で乱数を作成できる関数は、openssl_random_pseudo_bytes 関数(>=PHP5.3.0)になります。また、安全なトークンの桁数は32桁になります。 //32バイトのCSRFトークンを作...
>>続きを読む