Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2017年2月26日

さくらVPSの2Gプランに移行してWordPressがサックサックになった

このサイトは、さくらVPSの1Gプラン(メモリ1GB、HDD)で4年間ほど運用してきましたが、ここ1年くらいは毎日といっていいくらい応答なしになり、サーバーの管理画面で強制再起動をかけていました。

原因はディスクI/Oの多さにあるようで、IOPS 制限でサーバーが落ちてしまうことが頻発していました。しかし、どの程度ディスクI/Oがあると制限がかかるのかさくらインターネットは公開しておらず不満が募っていました。

3年間位は問題なく運用できていたし、サイトのPVもそれほど劇的に増えている訳ではないので疑問もあります。ネットを検索しても「さくらVPS 重い」でかなりの人が苦しんでいるようです。

それでVPSサービスの移行も含めて検討をしていました。

ConoHa VPS に KUSANAGI という高速 WordPress イメージがあったので移行しようかなと思っていたところで、さくらインターネットが以下のニュースリリースを先月に行っていることを知りました。

SiteGuard Lite は本来は有償製品の WAF (Web Application Firewall) で、個人で導入しようとすれば結構な額がかかるものが無償で利用できるのは魅力的です。

このサイトはセキュリティサイトということで、オープンソースの WAF である ModSecurity を使用していました。ModSecurity は導入効果も高いのですが、誤検知も多く難儀していたので商用の WAF にはとても惹かれました。

但し、同じプランのままでは同じ問題が起きると思い、プランを1つ上げて2Gプラン(メモリ2GB、SSD)にすることにしました。費用は以下のように2倍になってしまうのですが、背に腹は代えられません。

Vps
http://vps.sakura.ad.jp/ より

この選択が結果的にビンゴだったようで、WordPress はサックサックに動くようになり、サーバーも安定稼働するようになり、2週間経ちましたが一度もサーバーの応答停止のトラブルは起きていません。

思うに、WordPress がバージョンアップを続けているなかで、必要メモリが徐々に大きくなってメモリ1GBでは足りず、スワップで HDD に書き込みが増えていたのではないかと推測します。

1Gプランは安くて魅力的ですが、WordPress を運用するには力不足ということですね。

同じような問題が起きている方は、1つ上のプランに移行するのも一つの解決方法ですよということで。パラメータを頑張っていじるのも一つの方法ですが、私の場合はうまくいきませんでした。

SiteGuard Lite については別の記事で感想を書こうと考えています。

この記事が参考になれば幸いです。


スポンサーリンク




カテゴリー:ブログ

Twitter でも、いろんな情報を発信しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA