Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2016年3月12日

CentOS7 での EPEL リポジトリ追加方法

CentOS6.x では、以下のように EPEL リポジトリを追加するのは面倒でした。

ですが、CentOS7からは yum の標準リポジトリに epel-release.noarch が追加になったことにより、簡単に EPEL リポジトリを追加できるようになりました。

# yum -y install epel-release.noarch

これで yum リポジトリは追加できたのですが、このままだと常に EPEL リポジトリを参照してしまうので、以下のコマンドで EPEL リポジトリを無効化しておきます。
# sed -i 's/enabled=1/enabled=0/g' /etc/yum.repos.d/epel.repo

これで EPEL リポジトリの追加は終了です。

なお、EPEL リポジトリを使用する場合は、以下のようにコマンドを実行します。

# yum --enablerepo=epel <コマンド> <パッケージ名>


スポンサーリンク





カテゴリー:ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA