Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2016年1月13日

本日(1/13)より、IEは最新版のみサポートされるように

本日(2016年1月13日)の Windows Update により、Internet Explorer のサポートは各 Windows の最新版にのみになります。

これは、Internet Explorer のサポートライフサイクルのポリシーの変更に伴うものです。最新バージョンでない Internet Explorer はサポート対象外となり、セキュリティパッチも提供されなくなります。

具体的には、以下のようになります。

 pic01
http://blogs.technet.com/b/jpieblog/archive/2015/12/17/3658365.aspx

ここで注意が必要なのが、Internet Explorer の 8, 9, 10 のサポートが基本的に終了になりますが、Windows Vista だけは、Internet Explorer 9 がサポートされるということです。

但し、Internet Explorer 11 には、エンタープライズモードというものがあり、Internet Explorer 8 の互換モードで動作させることができますので、多くの企業はエンタープライズモードを利用するようになるのではないでしょうか。

なお、WSUS (Windows Server Update Services) で、 Internet Explorer のバージョンアップを止めることはセキュリティ上好ましくないのでお勧めいたしません。

なお、あまり注目されていませんが、Windows 8 のサポートも本日で終了するので、Windows 8.1 へのアップグレードが必要です。ご注意ください。

まぁ、Windows 8 ユーザーは 0.5% なので、さほど大きな影響はないと思いますが。Windows 8.1 へのしつこいアップグレードか、Windows 10 へのしつこいアップグレードの督促でアップグレードしてしまったのでしょうね(笑)。


スポンサーリンク




カテゴリー:ブログ

Twitter でも、いろんな情報を発信しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA