Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2015年12月2日

ブログのタイトルにスパムサイトのアドレスを入れるときのお願い

先日、「claim********.copyrightclaims.org」(*は数字8桁) がリファラスパムであるという記事を別ブログで書いた時に気がついたのですが、ブログのタイトルにこのスパムサイトの生アドレスを入れると、Twitter で共有したときにリンクになってしまいます。

スパムサイトへの啓蒙を行おうとして、スパムサイトへの誘導になってしまってしまう訳ですね。しかも、Google で検索をかけたらスパムサイトの生アドレスをそのままタイトルに入れているブログがたくさんありました。

これは大変危険な状況だと考えます。スパムサイトは、リンクやアクセスを増やすことで広告収入を増やすことを目的としているものもありますが、中には悪意を持ってマルウェアに感染させて被害を拡大させようとするものもあります。

その対策としてですが、Twitterでは、ASP.NET がリンクになってしまうのが有名で、その回避方法として、ドットの前か後ろにスペースを入れるというものがあります。これと同じ対策をブログのタイトルにも入れて欲しいのです。

copyrightclaims.org であれば copyrightclaims. org といった具合です。

今回は Twitter をベースに書きましたが、ブラウザによっては、スパムサイトのアドレスをリンクに自動で変えてしまうものもあると思います。そういう拡張機能もありますし。

ですので、被害を拡大させないよう、「ブログタイトルにはスパムサイトの生アドレスを入れない」ことをお願いできればと思います。


スポンサーリンク




カテゴリー:ブログ

Twitter でも、いろんな情報を発信しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA