Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2015年11月30日

無料 SSL 証明書の Let's Encrypt が 2015年12月3日からパブリックベータになり、誰でも利用可能に

Public Beta: December 3, 2015

全ての Web サイトを SSL 証明書で暗号化通信するという理念を持って、無料で SSL 証明書を発行してくれる Let’s Encrypt が、 2015年12月3日からパブリックベータに移行して、誰でも利用することができるようになります。

今までコストの問題で、特に個人サイトなどは SSL証明書を導入することが難しいことがあったかもしれませんが、Let’s Encrypt が誰でも利用できるようになるので、導入しやすくなりそうですね。

但し、Let’s Encrypt の SSL証明書は、ドメイン認証で、事業者の実在証明を行う訳ではないことに注意が必要です。広く Web サービスを提供したい場合は、信頼度が低くなるということですね。

あと、証明書の有効期間は90日間とのことです。これは Let's Encrypt が採用している ACME プロトコルを使用することにより、SSL証明書の自動アップデートができるようになるからです。

ですので、Let’s Encrypt を使用するなら、ACME プロトコルでの自動更新に対応する必要があるということです。少々手間がかかるように見えますが、実装できれば証明書の期限切れの問題を解決できるので運用が非常に楽になりますね。

また、パブリックベータとして公開されますが、ブログによるとベータ表記を外すにはしばらくかかるだろうとの話なので、その点も踏まえて利用するとよいと思います。


スポンサーリンク




カテゴリー:ブログ

Twitter でも、いろんな情報を発信しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA