Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2014年9月27日

Windows Server 2012 R2 に IIS 8.5 をインストールする

はじめに

Windows Server 2012 R2 に IIS 8.5 をインストールする方法をご紹介します。

今回は、Windows 版 ModSecuiry をインストールすることを前提としますので、ISAPI フィルタもインストールします。

なお、Windows Server 2012 R2 のインストール方法は、以下の記事をご参照ください。

IIS 8.5 のインストール

サーバーマネージャーの [役割と機能の追加] から、IIS 8.5 のインストールを開始します。

pic01

そのまま「次へ」をクリックします。

pic02

[役割ベースまたは機能ベースのインストール]を選択し、「次へ」をクリックします。

pic03

そのまま「次へ」をクリックします。

pic04

サーバーの役割として [Web サーバー (IIS)] を選択します。

pic06

すると、以下の画面がポップアップされるので [機能の追加] をクリックします。

pic05

機能の選択では、そのまま「次へ」をクリックします。

pic07

そのまま「次へ」をクリックします。

pic08

役割サービスの選択で、[アプリケーション開発] の下にある、[ISAPI フィルター], [ISAPI 拡張] を選択して、「次へ」をクリックします。ModSecurity は ISAPI フィルタを利用するので、ModSecurity を使用するなら忘れずに選択してください。

pic09

内容を確認して、[インストール] をクリックします。

pic10

インストールが終了したら、[閉じる] をクリックしてインストールを完了します。

pic11

この状態で http://localhost にアクセスすると、以下のように IIS のページが表示されるので、問題なくインストールできたことが分かります。

pic24


スポンサーリンク




カテゴリー:Windows

Twitter でも、いろんな情報を発信しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA