Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2014年9月27日
最終更新日:2014年9月28日

VirtualBox に Windows Server 2012 R2 をインストールする(ISO/VHD)

はじめに

VirtualBox に Windows Server 2012 R2 の評価版をダウンロードしてインストールします。

事前に、Microsoft アカウント(outlook.com等)を用意しておいてください。

Windows Server 2012 R2 評価版のダウンロード

下記サイトより、Windows Server 2012 R2 のダウンロードを行います。

ダウンロードするバージョンは、今回は「Windows Server 2012 R2 Datacenter ISO」にします。

なお、今日(2014/09/27)時点では、ISO イメージはダウンロードがうまくいかないようなので、以前ダウンロードした ISO ファイルを利用してインストールします。

VHD イメージはダウンロードできるようですので、復旧まで待てない場合は VHD イメージをダウンロードしてください。VHD イメージの利用方法は後述します。但し、VHD イメージは英語版ですが、日本語化する手順も記載しましたので参考にしてください。

仮想マシンの作成

VirtualBox を起動し、新規作成で以下の仮想マシンを作成します。

  • 名前:Windows Server 2012 R2
  • タイプ:Microsoft Windows
  • バージョン:Windows 2012 (64bit)
  • メモリ:2048 MB
  • 仮想ハードドライブのタイプ:VDI (可変サイズ)
  • ハードディスクのサイズ:25 GB

Windows Server 2012 R2 のインストール

先ほど作成した仮想マシンを起動すると、以下の画面が表示されるので、ISO ファイルを指定して「起動」をクリックします。

pic01

以下の画面が表示されるので、デフォルトのまま「次へ」をクリックします。

pic02

「今すぐインストール」をクリックします。

pic03

インストールするエディションを聞かれるので、「Windows Server 2012 R2 Standard 評価版(GUI 使用サーバー)」を選択して、「次へ」をクリックします。

pic04

ライセンス条項に同意して、「次へ」をクリックします。

pic05

新規インストールなので「カスタム」をクリックします。

pic06

デフォルトのまま「次へ」をクリックします。

pic07

一通りインストールが終了すると、Administrator のパスワード入力画面が表示されるので、パスワードを入力して「完了」をクリックします。

pic08

Administrator でログインすると、以下のように無事にログインできたのでインストール完了です。

pic09

VHD ファイルの場合のインストール方法

VHD ファイルの場合は、仮想マシンの新規作成時に以下のように指定します。

  • 名前:Windows Server 2012 R2 VHD
  • タイプ:Microsoft Windows
  • バージョン:Windows 2012 (64bit)
  • ハードドライブ:ダウンロードした VHD ファイル

pic10

この仮想マシンを起動すると、いきなり英語版の画面が出てきてびっくりしますが、以下のように設定して「Next」をクリックします。

  • Country or region : Japan
  • App Language : Japanese (Japan)

pic11

「I accept」をクリックします。

pic12

Administrator のパスワードを設定して、「Finish」をクリックします。この際、キーボードが英語配列になっているので、記号は使用しない方が無難です。日本語化が終了してからパスワードを変更しましょう。

pic13

Administrator でログインすると以下の画面になるので、無事にログインできました。但し、英語版・・・。

pic14

英語メニューだと不便なので、日本語化を行います。

ControlPanel >> Region で、Formats タブにある Language preferenes をクリックし、「日本語」をダブルクリックすると、'Download and install language pack'が表示されるので、ここから日本語言語パックをダウンロード後インストールし、再起動するとメニューを日本語化できます。

以下のようにしっかりメニューの日本語化ができていることが分かります。

pic15

このままだとキーボードが英語版になので、以下の記事を参考にキーボードを日本語に変更します。キーボードの設定を変更し再起動をすると、日本語キーボードが有効になります。

これで、VHD イメージの仮想マシンでも、問題なく Windows Server 2012 R2 を使用できるようになります。


スポンサーリンク




カテゴリー:Windows

Twitter でも、いろんな情報を発信しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA