Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2014年2月9日

CentOS にポートスキャンツール Nmap をインストールして使ってみる

Nmapとは

Nmap とは、オープンソースで開発されている高機能なポートスキャンツールです。なお、GUI 版の Zenmap はマルチプラットフォーム対応(Windows, Mac OS X, Linux etc) しています。

以前の記事では、Kali Linux の Nmap を利用しましたが、今回は Nmap を CentOS にインストールして使用してみます。実際のところ、Kali Linux を企業で使用するのは難しいケースもあると思うので、こちらの方が現実的かと思います。

Nmap のインストール

CentOS に Nmap のインストールするのは、yum コマンドで簡単にできます。

# yum -y install nmap

なお、yum コマンドでインストールできるのは、nmap と libpcap パッケージで、公式サイトにあるRPM でインストールするパッケージ(nmap, zenmap, ncat, nping)と異なることは意識しておいた方がよいかもしれません。

ただ、yum コマンドでインストールした方が、CPU の種類や Nmap のバージョンを意識しないで済むので、yum コマンドでのインストールの方が簡単です。

Nmap を使ってみる

Nmap で CentOS (192.168.11.9) のポートスキャンを行ってみます。

# nmap  192.168.11.9

Starting Nmap 5.51 ( http://nmap.org ) at 2014-01-10 11:40 JST
Nmap scan report for 192.168.11.9
Host is up (0.00060s latency).
Not shown: 996 filtered ports
PORT     STATE  SERVICE
22/tcp   open   ssh
80/tcp   open   http
443/tcp  open   https
3000/tcp closed ppp
MAC Address: 08:00:27:0A:62:8E (Cadmus Computer Systems)

Nmap done: 1 IP address (1 host up) scanned in 4.98 seconds

簡単ですね。

Nmap には、サーバーのバージョンを取得する –A オプションなど、様々なオプションがあるのでいろいろ試してみてください。

但し、あくまで Nmap は自分の管理下にあるサーバーに対して行うようにしてください。


スポンサーリンク





カテゴリー:ツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA