Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2014年2月8日

Mac のポートスキャンツール Zenmap をインストールして使ってみる

Zenmap とは

Zenmap とは、オープンソースで開発されていて有名なポートスキャンツールである Nmap の GUI 版になります。

Zenmap はマルチプラットフォーム(Windows, Mac OS X, Linux etc) に対応しているので、Mac OS X でも問題なく利用することができます。

Zenmap のダウンロード

Nmap のダウンロードページにアクセスし、[Mac OS X Binaries] セクションに移動します。

[Latest rereads Installer] の nmap-6.60-2.dmg (2014/02/08現在) をダウンロードします。

Pic01

Zenmap のインストール

ダウンロードした、nmap-6.40-2.dmg をダブルクリックし、dmg ファイルを展開します。

nma—6.40-2.mpkg を右クリックして、[開く] をクリックします。

Pic02

警告が表示されますが、[開く] をクリックします。

Pic03

インストーラーが起動するので、[続ける] をクリックします。

Pic04

使用許諾が表示されるので、[続ける] をクリックします。

Pic05

[同意する] をクリックします。

Pic06

インストールするパッケージが表示されるので、デフォルトのまま [続ける] をクリックします。

Pic07

[インストール] をクリックします。

Pic08

パスワードを求められるので、パスワードを入力して [ソフトウェアをインストール] をクリックします。

Pic09

[閉じる] をクリックして、インストールを終了します。

Pic10

Zenmap を使ってみる

Finder のアプリケーションから、Zenmap.app をダブルクリックして Zenmap を起動します。

Pic11

X11 がインストールされていないと、パスワードが要求されるので、パスワードを入力して [OK] をクリックします。続いて表示される以下の画面で、[続ける] をクリックします。

Pic14

後は、ガイドに従って X11 をインストールします。X11 のインストールはこの記事の本論ではないので、詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

X11 のインストールが完了したら、再度 Zenmap を起動します。

今回はターゲットとして、CentOS(192.168.11.10) をスキャンしてみます。

ターゲットに、[192.168.11.10]、スキャンプロファイルに [Regular scan] (オプションなしスキャン) を設定し、[スキャン] をクリックします。

Pic15

実行結果は以下のようになります。HTTP と HTTPS のポートのみ開放されていることが分かります。

 おわりに

Mac OS X  の Zenmap は、ちょっと古い形式ですが機能的には問題ないようですね。

試してみるのもよいかと思います。

 


スポンサーリンク




カテゴリー:ツール

Twitter でも、いろんな情報を発信しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA