Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2014年2月6日

Zenmap をインストールしようとしたらウィルス判定されてしまった

Zenmap は、オープンソースのポートスキャンツールとして有名な Nmap の GUI 版ですが、Windows にインストールしようとしたらウィルス検知にひっかかってしまいました。

Nmap は Netcat というツールを同梱しているのですが、Wikipedia によれば、Windows のウィルススキャナが Netcat をウィルスとして判定するようです。

netcatのWindows版は主要なウィルススキャナの半数以上によってウィルス(リモートAdminツール)として判定されるものとなっている

http://ja.wikipedia.org/wiki/Netcat

Zenmap は、せっかく高機能な Nmap を Windows で利用できるようにするツールなのに、企業で使えないというのは残念ですね。

もしかしたら、例外設定をするとインストールできるかもしれませんが、それをやるにはシステム管理者の許諾が必要そうです。無断でやるのは、ポリシー上問題があるでしょう。

そこまでして Zenmap を使用することはないので、結局、企業では使えないツールになってしまいますね。

同じくらい高機能で、企業でも使えるツールがあるといいのですが。


スポンサーリンク




カテゴリー:ブログ

Twitter でも、いろんな情報を発信しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA