Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2014年1月18日
最終更新日:2020年8月8日

CentOS で root の リモートログイン(SSH)を禁止する

はじめに

root ユーザーで SSH のリモートログインができると便利なのですが、不正ログインされた場合の影響が大きいので、root ユーザーの リモートログインを禁止します。

なお、事前に、root 権限を持ったユーザーを 必ず 作成しておく必要があります。

詳しくは以下の記事を参照してください。

root のリモートログイン(SSH)禁止設定

以下のファイルを編集します。

# vi /etc/ssh/sshd_config

以下のように設定して保存します。
PermitRootLogin no

SSH サービスを再起動して設定を反映させます。
# service sshd restart

root ユーザーで SSH を使いログインし、認証に失敗すれば OK です。

なお、root 権限を持ったユーザーのログインが成功することも確認してください。

最低限必要な CentOS セキュリティ設定

最低限必要な CentOS セキュリティ設定を以下の記事にまとめていますので、こちらもどうぞ。


スポンサーリンク





カテゴリー:Linux

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA