Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2013年3月28日

VMWare Player で Badstore.net を起動する方法

VMWare Player で、Badstore.net を起動する方法を説明します。

VMWare Player のインストールとダウンロード方法は以下のページを参照してください。

Badstore.net のダウンロード

Badstore.net のサイトにアクセスし、以下の手順で Badstore.net の ISO ファイルをダウンロードします。英語サイトですが、内容は簡単ですので心配ありません。

pic01

赤い*がついている項目を入力して「Submit」ボタンをクリックします。入力内容が分からない場合は適当に項目を埋めてください。

pic02

Badstore.net の ISO ファイルのリンクをクリックしてダウンロードします。合わせて、画面下のリンクの PDF ファイルもダウンロードしておきましょう。Badstore.net の説明書になっています。

pic03

 

VMWare Player で Badstore.net 用の仮想マシンを作成

VMWare Player を起動して「新規仮想マシンの作成」をクリックします。

pic11

新規仮想マシンウィザードで、インストーラディスクイメージに、先ほどダウンロードした ISO ファイルを指定します。

pic12

ゲスト OS に Linux, バージョンに Ubuntu (ブータブル CDなので何でもよい)を指定して「次へ」をクリック。

pic13

仮想マシン名に「Badstore.net」、場所に適当なパスを指定して「次へ」をクリック。

pic14

「次へ」をクリック。

pic15

「完了」をクリックして、仮想マシンの作成完了です。

pic16

 

Badstore.net の起動

VMWare Player を起動後、「Badstore.net」をダブルクリックして仮想マシンを起動します。

pic17

Badstore.net が起動したら、「ifconfig」をコマンドを入力して IP アドレスを調べてください。以下の場合ですと、192.168.91.129 になります。

pic18

ブラウザで、http://192.168.91.129 にアクセスすると、以下のように Badstore.net が表示されます。

pic19


スポンサーリンク




カテゴリー:ツール

Twitter でも、いろんな情報を発信しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA