Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2013年3月5日
最終更新日:2020年8月13日

CSRF の安全なトークンの作成方法(PHP編)

以下の記事の内容に従って、PHP で CSRF の安全なトークンを作成する方法をご紹介します。

PHP の 暗号論的擬似乱数生成器 で乱数を作成できる関数は、openssl_random_pseudo_bytes 関数(>=PHP5.3.0)になります。

また、安全なトークンの桁数は32桁になります。

//32バイトのCSRFトークンを作成
function get_csrf_token() {
  $TOKEN_LENGTH = 16;//16*2=32バイト
  $bytes = openssl_random_pseudo_bytes($TOKEN_LENGTH);
  return bin2hex($bytes);
}

この関数によって生成されたトークンは以下のようになります。

3f7d22402f6ac375bf1168c3ef5d8f08

参考

Webアプリケーションセキュリティに関する記事は、以下のページにまとまっています。ぜひご確認ください。


スポンサーリンク





カテゴリー:Webアプリケーションセキュリティ対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA