Webセキュリティの小部屋

Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから
公開日:2013年2月19日

脆弱性とは何か

Web アプリケーションにおける脆弱性(ぜいじゃくせい)とは、「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方」によれば、「悪用できるバグ」になります。バグは不具合のことですね。

悪用は具体的に何かというと、個人情報のなどの秘密情報の漏洩などが該当します。

脆弱性はバグである以上完全になくすことは難しいですが、脆弱性はある程度パターン化されているので、脆弱性の仕組みとその対処方法を知り、脆弱性を生み出さないための取り組みが必要になります。

  • 脆弱性とは悪用できるバグのこと

スポンサーリンク




カテゴリー:Webアプリケーションセキュリティ

Twitter でも、いろんな情報を発信しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA